こんにちは!【はりきゅう・アロマ日々のあわ】院長の熊坂由希子です。

昨日は江別市内の小学校の運動会!

土曜日のはずが順延になってしまったようですが、昨日はきれいな青空のもと気持ちのよい一日だったので運動会日和でしたね。

先日当院のメッセージにとってもうれしいお知らせをいただきました。

 

今日、子どもようの小児はりをうけました

やってくれた先生の名前は、くまさか ゆきこ先生です。

ふしぎだったのは、はりなのにぜんぜんいたくなかったことです。

やったときのかんそうは、たのしかったです。

足首がすこしなおるシールをもらいました。

またいきたいです。

13324068_845674538898091_208617810_o

 

書いてくれたのは今年小学校2年生になったばかりのMちゃん。

学校の宿題の日記だそうなのですが、お母さんが写真に撮って送ってくれたのでした。

(ノートの向こうのにゃんこちゃんもかわいいですね…!)

 

う、うれしい。。。

こんな風に日記に書いてくれたMちゃんの気持ちも、それを私に知らせて下さったお母さんのお気持ちも、とってもうれしかったです。

本当にありがとうございます。

 

以前よりお母さんから、いつも手足が冷たく夜中に何度も起きてしまう、ということでご相談を受けていたのですが、先週初めてお母さんと一緒に来院してくれました。

当日は運動会を数日後に控え一生懸命練習しすぎたからか、両足に湿布。

走ると痛むとのことで、こちらも一緒に治療することにしました。

 

足に触れると、ふくらはぎから足首にかけてがひんやりとしています。

お腹を指でポンポンとならすと(小児はりの身体所見の取り方で、腹診といいます)、左下腹部が硬くなっています。

また、うつ伏せになってもらうと腰のあたりもひんやり。

治療前の状態をお母さんにも一緒に確かめてもらいます。

 

治療はお腹の動きを助け、めぐりをよくすることを目的に行いました。

また足首はすでに炎症はおさまっていたので、たまった疲労が取れるように施術。

最初は少し緊張していたMちゃんも、手足の施術が終わるころには目がとろーん。

お母さんにも治療前後のお腹の音の違いや皮膚の状態の変化を確かめてもらいながら治療を進めます。

最後に腰背部の皮膚が緊張している部分を適度にゆるめ、ご家庭でもできる親子スキンタッチ健康法をお伝えして終了しました。

 

週末の運動会を楽しみにしていたMちゃん。

ぐっすり眠って、力を出し切れたでしょうか。

また今週も会えるので、お話を聞くのが楽しみです。^^

 

当院では「大師流小児はり」という日本では最も規模の大きな小児はりの技術を使用しています。

この小児はり、夜泣きや疳の虫、便秘など、日常生活の中でお母さんが困ってしまう症状にとても効果的なんです。

もちろん今回のMちゃんのように乳幼児ばかりでなく、小学生のお子さんの症状にも使います。

お子さんの症状でお困りの方は、一度お問い合わせください。

 

大師流小児はりについてはまた次回の更新にてお伝えしますね!

 

小児はりは初検料2,000円(どなたかの紹介ですと1,000円)、1回1,200円で承っています。

3回つづりの回数券(3,000円)も販売しておりますので、どうぞご利用ください。^^