プロフィール

プロフィールこんにちは!
はりきゅう・アロマ日々のあわ院長の熊坂由希子です。

当院に関心を持っていただきありがとうございます。

2015年より生まれ故郷である北海道江別市にて、自分をたいせつにする女性のためのはりきゅう・アロマサロンを営んでいます。

女性の一生涯に寄り添える鍼灸師でありたいという願いから、特に不妊鍼灸やマタニティ鍼灸、そしていつでも自分らしくナチュラルメイクでいたい方のための美容鍼灸の研鑽を積んで参りました。

「自分の心身」という未知との遭遇

鍼灸師という職業に就く前は、高校や大学で時間講師の仕事をしながら大学院で研究者の卵をしていました。

うす暗い書庫の中で埃をかぶった史料と向き合い、新聞が郵便受けに入る音を聞きながら眠りにつき「笑っていいとも!」で目を覚ます日々。

今となっては体調を崩して当然の暮らしなのですが、それに気付かないほどその頃は研究に没頭していました。

そんな10年にも渡る研究生活の中で月経不順や不眠、ストレス性の消化器症状などを経験。そして時を同じくしてたいせつな人を立て続けに亡くす経験をします。

「あれ、おかしいな」

そう思った時にはもう手遅れかもしれない。今まで自分の好きなことをして生きてきたと思っていた私は、どれだけ自分のからだががんばってくれていたのかを思い知ることとなりました。ですが、私にとってはこの経験こそが自分の心身の「発見」だったのだと思います。

当たり前にあると思っていた健康な心身は、ちっとも当たり前などではなかったのです。

そんな体験した私は、日々の暮らしの中で心身が出す小さなSOSに気づくすべが知りたい。そう切実に願うようになりました。

西洋医学は体に不調をきたしてから力になってくれる医学です。それはとても強力なパワーを持っています。

けれど私は、目に見えて不調が現れる前に手を打つ手段が知りたかったのです。それを得意にしているのが「未病」という考え方を持つ東洋医学だということがわかりました。

三十路の曲がり角を目前にして、大学院を中退。迷わず…と言えたら格好が良いのですが、迷いまくりながら北海道鍼灸専門学校の扉を叩きました。

あれから十数年が経ちましたが、あの時おそるおそる開いた東洋医学の世界にいまはすっかり魅了されています。

専門学校を始め、帯広の吉川正子先生(東方鍼灸院)や修業先(あんずの種)の師である須藤隆昭先生、アロマテラピーとの出会いを下さった須藤加代子先生他、私は本当に出逢いに恵まれてここまで歩んで来られたのだと実感します。

今でも一本の鍼が起こす体への変化に、私自身驚かされる毎日です。

「女性のための」はりきゅう・アロマサロンへの強い思い

私にはいま二人の子どもがいます。
ですが、妊娠回数は三回。上と下の間にもうひとり、私のお腹の中で天寿を全うした子どもがいます。

この間、不妊治療も受け、そしてその三回の妊娠全てで子宮内の血腫による長期の入院を経験しました。

授かること、そして長くて短い妊娠期間を経て出産し、この手に子どもを抱けるということ。これらのひとつひとつがいかに得難いものであるかを痛感した数年間でした。

そんな中で私が最もほしかったのは、情報をフラットに共有できる第三者の存在でした。私達夫婦がいまどこに立っていて、そしてこれからどこへ向かえば良いのか。客観的な目で共に考えてくれる存在がほしかったのです。

当院が提供したいのは、そんな伴走者としての在り方です。
私は、クライエントの後ろから着いて行き、寄り添い、同じ景色を見ようとする、そんな治療者でありたいと考えています。

あくまでも、主役であり、治し、癒すのはあなた自身です。
私ができるのは、あなたの傍らに立ち、そのきっかけを作ることです。

あなたにとって当院が「あたらしい私に出会う場所」であれますように。
日々研鑽し、最高の技術と知識を携えてあなたをお待ちしております。
そしてあなたの長い旅の伴走者とさせていただけたなら、これ以上の幸せはありません。

はりきゅう・アロマ日々のあわ院長
熊坂由希子

はり師、きゅう師
(一財)日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師
(公社)日本アロマ環境協会認定アロマセラピスト
(公社)日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
(一社)日本産業カウンセラー協会認定産業カウンセラー
(一社)女性のための健康医療研究協会認定レディース予防医学指導士

趣味
・読書(漫画から小説まで濫読派。紡木たく、井上雄彦、佐々木倫子、羽海野チカ、村上春樹、吉本ばなな、森博嗣、小野不由美、三浦しをんetc.)
・音楽フェス参戦(ライジングサンロックフェスティバルは1999年の初回より参戦していましたが、出産育児のためお休み中。そろそろ行きたい)
・宝塚歌劇鑑賞(花組贔屓です)

経歴および活動実績

活動実績

2007年
北海道大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学(文学修士)。10年に亘る研究生活の中で月経不順や不眠、ストレス性の消化器症状などを経験し、東洋医学に興味を持つ。同年、北海道鍼灸専門学校入学。
2008年
北海道鍼灸専門学校在学中に有志数名と「親子スキンタッチ教室 in 北海道」を立ち上げ主催。札幌市西区子育て支援センターちあふるにし等で「親子スキンタッチ教室」を開催。その後も各種イベントや保育園での教室を多数開催する中で、子育て中の女性の悩みに触れる機会を多く持つ。
2010年
~2014年
北海道鍼灸専門学校卒業。同年、はり師・きゅう師国家資格取得後、釧路市の(株)あんずカンパニーが経営する杏園堂鍼灸院およびアロマテラピースイートバジル(現・はりきゅうアロマあんずの種)にて鍼灸師兼アロマセラピストとして勤務。2013年度からは副院長を務め、2014年3月退社。その間、提携先であった助産院マタニティアイからの紹介で多数の妊産婦の施術に従事。また、不妊症患者の治療にもあたる。
2012年6月
陸前高田市にて無料鍼灸ボランティア治療に従事。プロジェクトさとわについてはこちらのFace bookページをご覧ください。
2013年6月
第62回(公社)全日本鍼灸学会学術大会九州大会にて筆頭研究者として発表(演題:「安産に対する鍼灸治療の効果について―分娩所要時間を中心とした検討―」)。 200例以上の症例を検討し、鍼灸治療を受けた患者は初産婦、経産婦ともに分娩所要時間が一般的なそれよりも短い傾向にあることを明らかにする。
2013年7月
日本美容鍼灸マッサージ協会認定美容鍼灸師養成講座(ベーシック)修了
2013年9月
NPO法人イルファー(HIV/AIDSの予防・啓発団体)主催のケニア共和国ナイロビプムワニ地区でのフリーメディカルキャンプに鍼灸師として参加。第22回フリーメディカルキャンプレポートはこちらのページをご覧ください。
現在もNPO法人イルファーを支援するイルファー釧路の会員であり、医師、看護師、保健師、助産師、薬剤師、鍼灸師といった職能を持つスタッフと共に活動中。
2014年5月
第63回(公社)全日本鍼灸学会学術大会愛媛大会にて共同研究者として発表(演題:「分娩1時間前の鍼灸治療で帝王切開を回避できた一症例」)。
2015年
産業カウンセラー資格取得
2017年1月
江別市子育て支援センターどんぐり(あすかの森認定こども園併設)様にて親子スキンタッチ教室開催
2017年3月
江別市子育て支援センターわかば(わかば保育園併設)様にて親子スキンタッチ教室開催
2017年10月〜
恵庭市子育て支援センターはくよう(すみれ保育園併設)様にて親子スキンタッチ教室開催
※以後子育て支援センターはくよう様では毎年11月に親子スキンタッチ教室を開催しています。
2020年11月
HFMA(北海道畑瀬式不妊妊婦鍼灸研修会)基礎講座修了

お問い合わせ

はりきゅう・アロマ 日々のあわ

営業時間
平日・土曜 10:00〜16:00

定休日 
日曜・祝日

〒067-0017
北海道江別市7条7丁目26番地

電話番号:011-398-6659

E-mail: kumayuki@hibiawa.com

JR江別駅より徒歩6分
JR北海道バス(路線:新25、新26)バス停「萩ヶ丘」より徒歩2分

最新記事

  1. こんにちは! はりきゅう・アロマ日々のあわ院長の熊坂由希子…
  2. こんにちは! 自分をたいせつにする女性のための鍼灸アロマサ…
  3. 皆様、こんにちは。 自分をたいせつにする女性のための【はり…
  4. 明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願…
  5. こんにちは! はりきゅう・アロマ日々のあわ院長の熊坂です。…

アーカイブ